子宮筋腫16センチ 開腹カウントダウン

16センチの子宮筋腫が発覚して開腹手術に動揺する37歳未婚女子のハナシ

開腹から腹腔鏡へ 〜2回目のリュープリン〜

今日は2回目のリュープリン投与のため病院に行ってまいりました。

初めての時はあんなにビクビクドキドキしていたのに、結果あんまり痛くない注射だったので、今回はかなり軽い足取りで病院に向かいました。

診察室に入ると、先生に「(筋腫)小さくなりましたか?」と問われたので、「そんな気がします!」とハキハキと答えました。

先月から週2ペースで琉球温熱という民間療法を受けていて(このことはまた今度書きます)、その施術をする方から「筋腫、小さくなったね〜!」と下腹を施術しながら言われたのです、10日ほど前に。そう言われると確かに前と全然違うのです。大きさだけでなく硬さも全然違う気がします。カチンコチンだったのが今や弾力性をもっている。。。

なので自信を持って先生に答えたのですが、一方で「リュープリンで生理が止まった(であろう)から生理前の盛大な下腹の出がなくなっただけで、筋腫自体の大きさはお変わりないのでは??」という疑いも持っていました。

先生が「じゃあちょっとお腹触らせてくださいね」と言って触診すると、「うん、小さくなってますね」と。疑いの雲が晴れてゆきます。

そして勇気を出して聞いてみました。「あの〜、大きさって、ちゃんとはいつ見るんですか?」と。「手術で全身麻酔した後ですね」との回答。

えっ?6月にこの病院かかってからまだ一度も内診もエコーもされてないけど、全身麻酔してからようやく診るの??それまでにもし筋腫がなくなってたらどうするのさ???

そんな私の疑問顔に気がついた先生は「見たいですか?いいですよ」と言ってくれました。で、この病院で初めてのエコー。

エコーの画面を見せてくれながら「この白いのが筋腫ですよー、測ってみましょうね。うん、10センチ…横は…11センチですね。すごく小さくなりましたね、随分楽になったでしょう。もう骨盤に収まってます。」とおっしゃる(2ヶ月前のMRIでは骨盤からはみ出てたらしい)。

6月19日のMRIで16センチと言われた筋腫が、2ヶ月で3分の2に!!!!ありがたやありがたや〜〜!!!!!

先生に恐る恐る「これだったら(開腹ではなく)腹腔鏡手術でいけますか?」と問うたら、笑顔で「まず、大丈夫ですよ」と言われ、それはそれは嬉しかったです。

憧れの腹腔鏡手術が目の前に!

最初に行った大病院で「開腹一択!!来週開腹手術!!!」と言われた時に諦めずにセカンドオピニオン行ってほんとに良かった、、、

しかし私の野望は筋腫をなくして手術を回避することなので、「このままどんどん小さくなるかもしれませんね」と先生に言ってみたら「うん、でも無くなることはないからね。(リュープリン)やめたら元に戻るからね。」と私の心中を察したかのように笑顔で釘を刺されました。

医学を越えたところまで持っていきたい今日この頃ですが、ひとまず術式が腹腔鏡手術になったことがとっても嬉しいのであります。感謝感謝!!!



サプリに頼ってみる【アミノ酸】

1回目のリュープリン投与から早1ヶ月と1週間。

2回目のリュープリン投与を4日後に控え、1日に何度かやってくる優しめのホットフラッシュを味わってます。通常の周期だともう排卵期を終えて下腹が異常に突き出してくる頃なのですが、まだ下腹は平和な状態。今月から生理止まるのかな?

私の主治医は「リュープリンは6週間もつ」を唱えるお医者さんで、かつ、2回しか打たない派なので、通常の4週おき6回の投与に比べると体と財布への負担が少ないです。これで小さくなるとしたら万々歳ですよね。

とは言えリュープリンだけに頼るのもじれったく、筋腫の縮小を狙って2ヶ月程前から食生活をマクロビ寄りに変えました。しかし動物性タンパク質を極力避ける生活の中でここ最近パワー不足を感じ始めたので、栄養学に詳しい知り合いに相談してみたところ「アミノ酸をサプリでとればいいのよ」とのこと。

常識なのかもしれませんが、タンパク質って胃でアミノ酸に分解されてから体内に吸収されるんらしいですねー(知らんかった)。つまり、吸収しやすいアミノ酸サプリを摂ればタンパク質不足が補えるというカラクリです。

ちなみに、タンパク質をアミノ酸に分解するときに使われるのが消化酵素

酵素の使い道には「消化」と「代謝」があって、食べすぎたり消化に負担のかかるものを摂取してると、体内の酵素が消化ばっかりに費やされて、代謝に使う分がなくなっちゃうそうです。

代謝酵素は、その名の通り新陳代謝や有害物質の除去、自然治癒、免疫力アップ、細胞の修復やリセットを行なってくれるもの。消化ばっかりに酵素が使われていたらこれらが行われなくなってしまう、だから食べ過ぎっていけないんですね(他にもよくない理由いっぱいありそうですが)。子宮筋腫発覚まで四六時中お腹いっぱい状態にしていた過去の自分に教えに行きたいです…。

というわけで、数日前からアミノ酸サプリ服用中。初日からパワーが回復したような気がしました(効果テキメン過ぎてプラシーボ効果かもしれないと多少怪しんでます。すぐトライしてみる割にムダに懐疑的な私。)。タンパク質をあんまり摂取できてない不安からも解き放たれました(これが1番でかい)。

アミノ酸サプリはたくさん出ていると思いますが、私はその知り合いに教えてもらった「アミノソレイユ」というサプリを利用してます。ものがいいだけに高い(Amazonだと30包で8000円弱)けど、スタバに毎日行くのをやめたことを思えば同じくらいの出費かな…。

子宮筋腫見つかってから、栄養にやたら詳しくなってきた今日この頃。




リュープリン1回目から4週間

7月12日に1回目のリュープリンを投与して、4週間が経ちました。

お医者さんに「副作用が出るとしたら4週間後から」と言われていた、曰く付きの4週間後です。

リュープリンの副作用は、いわゆる更年期症状(ほてり、めまい、鬱など)がよく挙げられますが、な〜んか1週間くらい前から感じるんですよね、食事時のほてり。。。

最近健康に気を使った生活をしてるから代謝が良くなったのかな?と思ってたのですが、リュープリン副作用の可能性大と思い始めた今日この頃。ごはんを食べていると(特に昼ごはん)、シューっと暑くなってきます。ごはん時以外にもたま〜にシューっと暑くなってすぐ引いてゆきます。ま、これくらいの副作用で済むのなら全然構いませんがね。

あと最近活力が出ない。でもこれは肉や卵を極力避ける生活をしてるからかもしれないし、単に仕事で疲れてるだけかもしれないので副作用かどうかは謎。しかし元気が出ないと夏を乗り切れそうにないので、原因は分かりませんがお肉と卵はたまに許すことにしました。ということで昨日は1ヶ月半ぶりに豚肉を食べました。特に美味しいとも思わなかったけど。

先月の生理はフツーにやってきましたが、今月はどうなるのでしょう。腰が痛い今日この頃。


リュープリン1回目

病院も手術日(10月3日)も決まり、ホルモン治療がスタート。

偽閉経療法とも呼ばれ、身体を閉経状態に持ち込み、筋腫のエサである女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑えることで、筋腫の成長を止め筋腫を小さくする(あるいは成長させない)ための治療です。

色んな薬があるみたいですが、私は1番メジャーっぽいリュープリンを6週おきに2回打つことに。通常のリュープリン投与は4週おきに6回というのがセオリー(言うても抗ガン剤なのでそれ以上打つと骨粗鬆症のリスクが上がるらしい)なのですが…え、2回?しかも6週おき??

私の疑問の目つきに気付いたのか、先生はこう言いました。

「リュープリンの効果は6週間持続するし、2回までが効果が1番出る。それ以上打つと副作用も出てくるし費用も高額(1回1万円弱)なので、6週おきの2回でいいです。私はリュープリンの治験もやってました。」と。とても自信ありげなのでお任せすることにしました。注射少ないのはありがたいし。

手術日から逆算し、1度目の投与は7月12日に決定。

リュープリンの副作用は更年期障害的なサムシングであるとか、注射がめちゃ痛いとか、注射した跡がシコリのようになって当たると痛いとか様々な恐怖情報が飛び交っていて、注射の直前までビクビクして過ごしました。

待合室では、世の中にある痛いことを想像して過ごしました。「それより全然マシだろ?」と自分に言い聞かせて。

番号を呼ばれて診察室に入り、先生とちょっと話す。「注射痛いですか?」と聞くと「そんなに痛くないですよ」と先生。病院の受付の人も痛いと言ってたけど、先生にとって痛くないレベルという意味なのか?はたまたほんとに痛くないのか?悩みつつ隣の部屋に移り看護師さんによる注射を受ける。

左の二の腕のたぷついたあたりに注射。はい、おっしゃる通り痛くなかったです。

「痛くなかったです!」と嬉しげに看護師さんに言うと「痛いときと痛くないときがあるみたいですよ。原因は分かりませんけど笑」と言われました。

あ、痛いときもあるんですね…。

とにかく痛くなくて良かった!9000円くらい払って、軽い足取りでうちへと帰りました。かなりの達成感を感じつつ。

今回打ったのはリュープリン1.88ml。3.75ml打つ人もいるようで、それだと痛かったりシコリができたりするのだろうか…。子宮筋腫の大きさや体格によってどっちを打つかは変わるらしいのですが、私の筋腫の大きさだったら3.75じゃなくて良かったのかな?まいっか。

その後12日が経ちますが、副作用の兆しはなく、お医者さんからも「副作用が出るとしたら4週間後から」と言われてるのでまだ時期じゃないのでしょう。強いて言うと、最近寝起きの顔がむくんでいるような気がします。でも通常でも飲んだ翌日とか水分とってうつ伏せに寝た朝にはむくむので、これが副作用なのかどうかは全く定かではありません。むしろこれくらいの副作用で済むのならばそれでいいし。

あと、通常1回目の投与は生理中に行うものなのですが、「妊娠の可能性がゼロならばいつ打っても構わない」という先生の方針により、妊娠可能性ゼロだと自信を持って言える私(少し哀しい)は手術日逆算で1回目を投与。生理周期からいくと排卵期が終わった頃の摂取だったと思います。

次の生理まではフツーに来るよ、と先生に言われましたが何となく遅れている今日この頃。

【追記】この翌日フツーに生理きました…。3〜4日遅れた程度で通常周期の範囲内でした。


病院を決める

3人のお医者さんと話し、少しずつ進むべき方向が見えてきました。

今回分かったことは、おんなじ症状でもお医者さんそれぞれで治療方針が違うので、セカンドサードオピニオンを聞くことはより良い治療法を見つける一助になること。選択肢が増えるので悩みますが、悩むと病気のことや治療のことを学ぶ機会にもなり知識が増えます(インターネットの情報がメインなので、ネットリテラシーを鍛えねばなりません)。知識が増えると最善の治療法を選択することができます。

①大病院Aで8月18日に開腹手術

②個人医院Bで7月からリュープリン注射をはじめ(6週おきに2回)、9月下旬に腹腔鏡手術(筋腫が小さくならなければ開腹の可能性あり)

③大病院Cで7月から4週おきにリュープリンを6回打ち、年明けに手術(その時の筋腫の大きさ次第で開腹か腹腔鏡か決める)

という三択。

③は病院の場所が遠いことや、待ち時間が異常に長いこと、年明けまで引っ張るジレったさから消去。

残るは①か②。

仕事的の繁忙期の都合で、パパッと終わらせ秋までに仕事復帰したいので①は魅力的。術後の痛みや回復の早さを思うと②で腹腔鏡手術に持ち込めると素敵。

悩みながらインターネットの海をさまよっていると、とある開腹手術体験者のブログに行き着きました。

その人は「仕事のこともあるし早く済ませたいと思ってお医者さんの言うまま迷わずに開腹手術を受けたけれど、お腹を切らなくてもいい方法があったんじゃないか…。あの時もっと検討すれば良かった…。」と書いてました。

開腹手術した人の言葉は大きいです。一気に気持ちは腹腔鏡手術への望みを繋げる方向へ(=②個人医院B)。

でもな〜、手術遅れると仕事忙しい時期に休まないといけなくなるのよね〜〜と踏ん切りがつかずにいました。そこへ、仕事に人一倍厳しい取引先の会長から「奥さんが癌になった」という話を聞かされました。癌に比べると屁みたいなものでさが、私の病気の話もしたところその会長はこう言いました。

「会社はあなたが働いてくれてる内は有難くその労働力を享受するし、あなたがいないと困る!!みたいな感じを出すけど、病気になったら助けてくれるわけじゃないし、あなたの代わりなんてすぐ見つけるんだよ。」(これをコテコテの関西弁で)

ふむ、ほんとそうですよねー。会社のために健康を損ねてどうするんだ自分!会社のために痛くてリスクのある術式を選んで、後で後悔しないのか自分?会社に強制された訳でもないのによかれと思って開腹して、後で会社を逆恨みしたりしないか自分?

ということで、手術日程は気にせず体に負担の少ない腹腔鏡手術の可能性が芽生える病院、治療法に決めました。

すぐに個人医院の予約をとり、先生にその旨伝えにゆきました。大病院AとCにはお断りの電話を入れ、退路を断ちました。

実はモタモタしてる間に、9月下旬の手術日は埋まっちゃって、10月3日の手術と相成りました(自分の中では最速に動いた結果なので良しとする)。

そんなこんなでようやく病院が決まったのであります。なんかひと安心。


サードオピニオン

おっきな病院でキッパリ開腹手術か、ちいさな病院でリュープリンを2回打って腹腔鏡手術に持ち込む(持ち込めるかどうかは確率的にグレー)か…。

16センチの筋腫を抱えた私は悩んでおりました。

そこで知人のお勧めのお医者さんがいる別の病院に行って、話を聞いて決めることにしました。手術相談3軒目、もはやサードオピニオンです。

その病院は国立の総合病院で大きく、うちから少し離れたところにありました。

紹介状ありで11時半に予約したにも関わらず、待ちが長く、1時間ほど待ったところで看護師さんから「まだかかると思うので院内のレストランで昼ごはん食べてきてもいいですよ、これが鳴ったら戻ってきてください」と言われ呼び出しブザーを渡されました。おっきい病院は呼び出しブザーなんかあるのね〜。

せっかくなので院内レストランへ。お昼どきで店は混雑。初老の女性との相席となりました。その方は人間ドックを受けてきたのだと言い、何をしに来たのかと問われたので手術の相談で来たと伝えました。

その方と食事しつつ自然な会話をしていたのですが、私が「術後の痛みが怖い」と話したら、ちょっと間を置かれて「…実は私、痛みをとる勉強をしているの」と言われカバンからゴソゴソと新聞的なものを出して渡されました。何を隠そう、宗教の会報誌でした…!

やっべ!逃げよ!

と思いましたが何せ食事中。食べ終わるまで席を立つ訳にはいきません。「手をかざすと痛みがなくなったり、癌がなくなったりするのよ」と優しい笑顔で語りかけてきます。私も懸命に優しく、しかし、無関心な応答を心がけます。「このごはんだって美味しくなるのよ」と、私のチキン南蛮に手をかざし何事かを唱えておられます。

「…食べてみて?」と期待の表情で言われた私はひと切れのチキン南蛮を何度も噛みながら「あ、えーと、心なしか柔らかくなったような…?」と答えるのが精一杯でした。その後そのことには触れず無心に食し「ではお先にー」と言ってそそくさとその場をあとにしました。

病院で宗教勧誘とは何て効率が良さそうなんだ!弱ってたらすがってたかも!!

で、待合室に戻りようやく呼ばれたのは予約の時間から1時間半は経った頃でした。

診察室に入ると待っていたのは、30代前半と思しきかわいい女医さん。症状についてお話した後に内診。そういえば今までの2軒のどちらでも内診してない。MRIがあれば十分なのかもしれませんが、よく内診もせずに治療法決定できたなぁ。こちらの内診は最初に筋腫が発覚した病院よりも念入りでした。その後、絵に描いて状況を説明してくれました。うむ、確かにいい先生!

「ちっさい病院でリュープリン2回の後腹腔鏡手術と言われたが、ほんとに腹腔鏡手術できる大きさになるのか不安だ」という話をしたら、「それほど小さくはならないかもしれないけど、開腹するにしても少しでも傷を小さくするためにリュープリンを打つのはリーズナブル」と明確に答えてくれました。でも「なんで2回なんだろう?私だったら4回は打つなぁ」と言ってました。

「他に聞きたいことは?」と優しく問いかける先生。切り方はタテと横のどっちが痛いか(答え…あまり変わらない)とか色々聞いても全部ニコニコ答えてくれる。そりゃ〜待ち時間長くもなるわ〜。「うちの病院が家から遠かったら近所の病院でリュープリン打って、手術はうちで、とかでもいいよ?」とも言ってくれました。ほんとにいい先生なのだと思いました。「いったん冷静になって考えて、どうするか決めたらお電話します」と言ってさよならしました。

いい先生だったな〜と思いつつ、ロビーで会計待ち。しかし会計に30分以上かかり、この病院のイメージは「待ちが長い」に決定しました。


病院選びの難しさ

1軒目の大病院では即開腹手術、
2軒目の個人医院ではリュープリン2回の後腹腔鏡手術を提案されました。

選択肢が広がると希望もチラチラ見えてきますが(わたしの場合は腹腔鏡手術という希望)、悩みも増すのが道理。

腹腔鏡手術でお願いしたいのはヤマヤマですが、「リュープリン打って副作用ガマンして時間もかけた末に筋腫が小さくならなかったら結局開腹手術」というのはなかなか辛いものがあります。

じゃあキッパリサッパリ即開腹したらいいんじゃ?と思いますが、開腹手術後の痛みを10とすると、腹腔鏡手術後の痛みは1〜3だと言います。そんなに違うと聞くと痛みが怖い私は怖気づきます。

え〜どうやって決めたらいいのさ〜!!

この2軒の病院に行った日、実はもう1つ個人医院に行きました。知人のお勧めで近所だったので軽い気持ちで行ったのですが、受付を済ますとしばらくして看護師さんが待合室に現れ「あのー、うちでは手術はできなくて結局紹介状を書くしかないんですね。うちでは、A病院に紹介状書いてますがどうします?」と1軒目の大病院を提示されました。

手術できへんのんかーい!と思いつつ、「実はA病院には今日行ってきたんです。E先生からは開腹手術を勧められました。」と言うと、「あー、E先生ね、その先生の言うことを信じてもいいと思うよ?」とE先生の腕を認めるような言いぶり。「分かりました、考えます」と言って診察を受けることもなく3軒目の病院を後にしました。

あかん、全然考えがまとまらん…。来週もう1軒だけ、別の知人に紹介されたお医者さんのところに行ってもうそれで決定してしまおう…。

そう思いながら病院巡りでヘトヘトになって帰宅しました。

この日、肋骨骨折のことで整形外科にも行ったので、合計4軒の病院を巡りました。老人かよ笑!!

色んな人の意見を聞いた方がよりよい治療法を見つけられると思うのですが、色んな人の意見を整理してその中から最良の方法を選択するには素人の私には知識が全然足りない。頼みはネットの体験談のみ。

こうやって模索しているうちにも筋腫は刻一刻と成長してるかもしれない…。早くどうにかせねば。頑張れ自分!