子宮筋腫16センチ 開腹カウントダウン

16センチの子宮筋腫が発覚して開腹手術に動揺する37歳未婚女子のハナシ

リュープリン1回目

病院も手術日(10月3日)も決まり、ホルモン治療がスタート。

偽閉経療法とも呼ばれ、身体を閉経状態に持ち込み、筋腫のエサである女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑えることで、筋腫の成長を止め筋腫を小さくする(あるいは成長させない)ための治療です。

色んな薬があるみたいですが、私は1番メジャーっぽいリュープリンを6週おきに2回打つことに。通常のリュープリン投与は4週おきに6回というのがセオリー(言うても抗ガン剤なのでそれ以上打つと骨粗鬆症のリスクが上がるらしい)なのですが…え、2回?しかも6週おき??

私の疑問の目つきに気付いたのか、先生はこう言いました。

「リュープリンの効果は6週間持続するし、2回までが効果が1番出る。それ以上打つと副作用も出てくるし費用も高額(1回1万円弱)なので、6週おきの2回でいいです。私はリュープリンの治験もやってました。」と。とても自信ありげなのでお任せすることにしました。注射少ないのはありがたいし。

手術日から逆算し、1度目の投与は7月12日に決定。

リュープリンの副作用は更年期障害的なサムシングであるとか、注射がめちゃ痛いとか、注射した跡がシコリのようになって当たると痛いとか様々な恐怖情報が飛び交っていて、注射の直前までビクビクして過ごしました。

待合室では、世の中にある痛いことを想像して過ごしました。「それより全然マシだろ?」と自分に言い聞かせて。

番号を呼ばれて診察室に入り、先生とちょっと話す。「注射痛いですか?」と聞くと「そんなに痛くないですよ」と先生。病院の受付の人も痛いと言ってたけど、先生にとって痛くないレベルという意味なのか?はたまたほんとに痛くないのか?悩みつつ隣の部屋に移り看護師さんによる注射を受ける。

左の二の腕のたぷついたあたりに注射。はい、おっしゃる通り痛くなかったです。

「痛くなかったです!」と嬉しげに看護師さんに言うと「痛いときと痛くないときがあるみたいですよ。原因は分かりませんけど笑」と言われました。

あ、痛いときもあるんですね…。

とにかく痛くなくて良かった!9000円くらい払って、軽い足取りでうちへと帰りました。かなりの達成感を感じつつ。

今回打ったのはリュープリン1.88ml。3.75ml打つ人もいるようで、それだと痛かったりシコリができたりするのだろうか…。子宮筋腫の大きさや体格によってどっちを打つかは変わるらしいのですが、私の筋腫の大きさだったら3.75じゃなくて良かったのかな?まいっか。

その後12日が経ちますが、副作用の兆しはなく、お医者さんからも「副作用が出るとしたら4週間後から」と言われてるのでまだ時期じゃないのでしょう。強いて言うと、最近寝起きの顔がむくんでいるような気がします。でも通常でも飲んだ翌日とか水分とってうつ伏せに寝た朝にはむくむので、これが副作用なのかどうかは全く定かではありません。むしろこれくらいの副作用で済むのならばそれでいいし。

あと、通常1回目の投与は生理中に行うものなのですが、「妊娠の可能性がゼロならばいつ打っても構わない」という先生の方針により、妊娠可能性ゼロだと自信を持って言える私(少し哀しい)は手術日逆算で1回目を投与。生理周期からいくと排卵期が終わった頃の摂取だったと思います。

次の生理まではフツーに来るよ、と先生に言われましたが何となく遅れている今日この頃。

【追記】この翌日フツーに生理きました…。3〜4日遅れた程度で通常周期の範囲内でした。