子宮筋腫16センチ 開腹カウントダウン

16センチの子宮筋腫が発覚して開腹手術に動揺する37歳未婚女子のハナシ

退院後3日目4日目 〜不安定〜

退院後3日目。
「今日も37.5℃以上をマークしたら病院に連絡すべし!」という、周りからのお勧めによる脅迫感と、「体の中でヤバいこと起きちゃってんじゃないの?」という不安感でいっぱいでしたが、何とか夜まで崖っぷちの37.4℃でとどまりちょっと安堵。

この日も前日と変わらず、貧血によるものか分からないけど頭痛が始終あって、創部もうずくし、気腹痛もあり(腹腔鏡手術の際にお腹を膨らますために入れたガスや、術中の頭まっさかさま体勢による首や肩まわりの痛み)、お腹の中で内臓もゴロンゴロン転がって気持ち悪いしで、なかなかの病人ぽさ。

ベッドから起き上がろうと思ってから実際起き上がるまでに3分くらいかかる。起き上がると痛いだろーなー、という嫌さが遅さの原因。でももう外出してみたい!ということで2軒隣にあるパン屋さんに行ってみました。シャバだ〜シャバダバ〜〜!調子に乗ってそこから50mのところにあるコンビニにも。特に買いたいものもなく、店を一周してパン屋でアップルデニッシュだけ買って帰る。その間10分弱。なのに疲れた…!どんだけ落ちてんねん、体力…!!

夜、友人が支援物資を持ってお見舞いに来てくれました。ありがたい泣。1時間くらい話していたら声がかすれました。小さな声で話してたのに…。人と話さずに暮らしてたらその内声出なくなるんだな、こりゃ。友人を見送るとまたドッと疲れが。というわけでシャワーも浴びずに寝る。37.4℃。

退院後4日目の朝。お腹が痛い…。手術の麻酔から目を覚ました時と同じレベルの腹痛(術後の腹痛も我慢できる生理痛レベルでたいしたことなかったんです)。手術翌日以降こんな腹痛なかったので、お腹の中で何か起きてるんじゃないかとベッドの中で1人静かに焦る。とりあえずウンコをする。ウンコしたら痛み去るかな〜〜と思ったけどなかなか去らず、でも少しずつ小さくなっていって静かにフェイドアウトしました。え〜、ただの便意??お腹もきっと混乱をきたしているのでしょう。そりゃそうだ、空気入れられて穴開けられて切り刻まれてるんだもんな。

お腹痛が去ってちょっとホッとする。熱が下がってる気がするなと思ったら案の定36度台に!そして頭痛も去っている。貧血が治ってきたのか?(ちなみに頭痛は昼寝後に再発しました…)

で、普段なら徒歩5〜6分の場所にある本屋さんに歩いて行ってみる。一歩一歩踏みしめながら、歩みノロノロで倍かかるが、たどり着けたこの嬉しさよ!雑誌を買って帰る。2500歩の歩行。よく頑張った自分!!うちに着く直前に、私が入院したことを知ってる近所のおじちゃんが駆け寄ってきて「退院したの?」と嬉しそうに声をかけてくれましたが、私もうヘトヘト。会話しましたが、やはりすぐに声がかすれましたのでサクサク切り上げました。おじちゃんありがとごめんね。

お昼はうどん。その後お腹をくだす。うどんにくだす要素はなさそうだし、運動したからか?う〜ん、イマイチ体調が安定しないな〜〜。でもこうやって一進一退繰り返しながら着実によくなっていこう。そう思って昼寝をするのでした。ちなみにこの日(退院後4日目)の最高体温は37.1℃。ホッ。